プロジェクト概要

 
「ダルシャナ科研」は、文部科学省科学研究費補助金(研究代表者: 東京大学教授・丸井浩, 課題番号: 23242004, 平成23-26年度)の助成により行われる研究プロジェクトです。

プロジェクトの目的

 本研究プロジェクトは、世界認識の枠組みとしての存在論・カテゴリー論のインド的展開を解明する、世界でも初めての本格的共同研究です。その目的は、世界の第一線で活躍する日本のインド哲学研究者を結集して、いわゆる「六派哲学」を中心とするインド哲学諸派(ダルシャナ)における〈存在〉をめぐる議論の全体像を明らかにすることにあります。その方法として、ひとつに各派固有の理論的展開について文献実証的方法に基づき研究し、同時に学派横断的・比較哲学的な視点を導入して共同研究を進めていきます。

研究計画

 研究組織全体をそれぞれ担当する学派が異なる4つの研究班(研究組織のページを参照)に分け、個人研究を踏まえた班単位の緊密な共同研究と、年1回程度の全体研究会を開催する。若手研究者及び海外で活躍する日本人研究者を研究協力者等として積極的に登用し、また海外学術ネットワークとの連携強化を図り多面的・重層的に研究体制を整備する。国内外での各人の個別成果発表はもとより公開シンポジウム(2年目・4年目)を開催し、またホームページを開設して研究成果公表を積極的に行う。そして本研究成果を高水準の啓蒙書に結実させるために、班及び全体の研究会での発表・討論を随時行い、また担当項目の原稿へとまとめる編集作業を並行して進める。