8月 202012
 

 2012年8月18日・19日の二日間、昨年に引き続き信州大学松本キャンパスにて合同研究会を開催いたしました。

〜プログラム概要〜
研究発表1
池端惟人(京都大学非常勤講師)
「Vedānta諸派のvācārambhaṇaṃ理解 ―因果関係、世界の実在性を巡るVedānta各派の攻防― 」

研究発表2
上田真啓(京都大学大学院博士課程)
「ジャイナ教文献に見られる存在のあり方 — ニクシェーパにおける dravya と bhāva —」

研究発表3
片岡啓(九州大学准教授)
「シャイヴァ・オントロジー ―― 神・人・世界 ――」

研究発表4
和田壽弘(名古屋大学教授)
「新ニヤーヤ学派における非存在(abhāva)の成立要件 ──反存在(pratiyogin)の観点から──」


特別講義
八木沢敬(カリフォルニア州立大学教授)
「分析哲学における存在論の諸問題について」

Sorry, the comment form is closed at this time.